スンダリミカに関する最新情報はこちらから。Facebook  ブログ  ツイッター  Note 


スンダリミカ プロフィール

早稲田大学第二文学部卒。1993年に初めてネパールを旅行。1999年から拠点をカトマンズに移し、以来ネパールと日本を行き来しながら、歌手・日本語学校校長・ソーシャルビジネスソーシャルワーカー有機肥料作成トレーナーなどいろんなことをしています。2004年Gorkha Dakshina Bahu Member Fourth Classを受勲。Lions Club of Kathmandu SARUBI ( District325A2 Nepal)メンバー。NHKBS番組など多数出演歴あり

歌手としては音楽を通してネパールと日本の文化交流の架け橋になりたいと思いつつ活動をしています。岡山市のダフェプロジェクトと一緒にネパールの支援活動をしています。

スンダリミカ ホームページ 

 

 

 

スンダリミカに関する主な掲載新聞記事

これまでの主な掲載新聞(上段左から順に)

1)2006年8月(※この新聞の発行日は不明)信濃毎日新聞の紹介記事。肩書が「ネパール民謡歌手」の時代。

2)2008年10月29日 日本経済新聞 この頃には肩書は「ネパール大衆歌謡歌手」に。

3)2013年12月21日 AERAの特集「アジアで勝つ100人日本人」でネパールで活躍する日本人歌手として取り上げていただきました。

4)2015年6月4日 信濃毎日新聞 松本ヒマラヤ友好会が松本ヒマラヤ友好会カトマンズ支部に30万円義捐。

5)2015年9月24日 北陸中日新聞に金沢 徳法寺報告会の記事が載りました。

6)  2015年10月5日 山陽新聞 2015年震災支援報告会ツアーのことが記事で取り上げられました。

7)2016年9月6日 山陽新聞 TERAKOYAprojectと縁筆プロジェクトについて取り上げられました。


取材・出演依頼などについて

スンダリミカを招いてイベントや講演を企画してくださる方からのご依頼をお待ちしています。新聞や雑誌などのインタビュー取材の依頼などもお気軽にどうぞ。

 

過去のイベント出演例

 

講演依頼や各種ワークショップ、音楽イベント出演依頼など、お気軽にお尋ねください。

Email: danfeproject2998アットマークgmail.com(アットマークを@に換えてください)

 

 


ミトラタコ ギート 日本ネパール国交樹立50周年記念ソング

2006年に日本とネパールは国交樹立50周年を迎えました。2国間のこれからますますの交流や友情が続くようにという思いを込めて「友情の歌 ミトラタコ ギート」を作りました。


クトゥンバアーカイブチャンネルよりスンダリミカの動画番組です。

Lyamha daju 怒らないでね

【歌の意味】

私のこと怒っているの?

どうしてそんな

怖い顔しているの?

私はただ何もわからず、

震えていた白い小さな花

 

私のこと怒らないでね

こんなにも

貴方が好きなのに

 

誰もいない夜の広場で

二人きりブランコを漕ぎながら

交わした言葉

貴方は今も覚えているかしら

 

※歌詞はいつも日本のライブで歌うときの歌詞です。

Siri siri サラサラ春風

【歌の意味】

サラサラそよ風

くすぐる心

あの娘がクスクス笑う

 

みどりの野原で

うたた寝してたら

心の中まで

みどりに染まるの

目覚めた私は歩き出す

向日葵みたいな笑顔で

 

曲がりくねった道を

心のままに

青空 口笛 ララ、、、、

 

サラサラそよ風

くすぐる心

あの娘がクスクス笑う

 

今宵は朝まで

お酒を飲みましょ

飲んで歌って踊って

春の夜は過ぎてく

私の瞳が赤いのは

あの人に恋しているから

 

いたずら春風

黒髪乱して

青空 口笛 ララ、、、、、

 

サラサラそよ風

くすぐる心

あの娘がクスクス笑う

 

※歌詞はいつも日本のライブで歌うときの歌詞です。

Sriswaya Heku 新しい糸巻き棒

【歌の意味】

新しいへク(糸巻棒)を

彼からもらったの

このへクをもらってから

わたし、糸巻きが楽しくて

うれしくて仕方ないの

 

ヨチャもフェル(※糸巻きの道具の名前)も

古くなってがたがたなの

彼がそれも全部新しく

新調してくれたの

だから、わたし

嬉しくて楽しくて仕方ないの

 

機を織るのタントンタントン

彼のために新しいスーツを

仕立ててあげたいから

 

折りあがった布を

素敵な色に染めるの

そうして仕立てた

スルワールを着て

彼はうれしそうに

家に帰って行ったの

 

それを見て

わたしも

嬉しくてうれしくて

仕方なかったの



Jigu Tho Mann 私の心に涼風が吹いてきます

【歌の意味】

私の心の中に

涼風が吹いてくる

私の若さは

咲きほころぶ花の香り

 

私は待っているのよ

だから今すぐ

ミツバチになって飛んできて

貴方を待っているのよ

だからつむじ風になって

会いに来て

 

満月の夜

涼しい風と一緒に 

愛しい人私のもとに来て

 

夜明けの朝陽と共に

私のもとに会いに来て

日没の頃に

風になって会いに来て

 

愛しい人 

私のこの若さを捧げるから

わたし膝枕でうたたねしに来て

 

私の心の中に涼風が吹いてくる

私の若さは

咲きほころぶ花の香り

 

Jigu Tho Mann 私の心に涼風が吹いてきます(ライブバージョン)

【歌の意味】

私の心の中に

涼風が吹いてくる

私の若さは

咲きほころぶ花の香り

 

私は待っているのよ

だから今すぐ

ミツバチになって飛んできて

貴方を待っているのよ

だからつむじ風になって

会いに来て

 

満月の夜

涼しい風と一緒に 

愛しい人私のもとに来て

 

夜明けの朝陽と共に

私のもとに会いに来て

日没の頃に

風になって会いに来て

 

愛しい人 

私のこの若さを捧げるから

わたし膝枕でうたたねしに来て

 

私の心の中に涼風が吹いてくる

私の若さは

咲きほころぶ花の香り

Sriswaya Heku 新しい糸巻き棒(ライブバージョン)

【歌の意味】

新しいへク(糸巻棒)を

彼からもらったの

このへクをもらってから

わたし、糸巻きが楽しくて

うれしくて仕方ないの

 

ヨチャもフェル(※糸巻きの道具の名前)も

古くなってがたがたなの

彼がそれも全部新しく

新調してくれたの

だから、わたし

嬉しくて楽しくて仕方ないの

 

機を織るのタントンタントン

彼のために新しいスーツを

仕立ててあげたいから

 

折りあがった布を

素敵な色に染めるの

そうして仕立てた

スルワールを着て

彼はうれしそうに

家に帰って行ったの

 

それを見て

わたしも

嬉しくてうれしくて

仕方なかったの


心をひとつに~エカタコギート                             震災復興支援ソング

2015年4月25日に起きた大地震から立ち直るネパールを応援するための復興ソングに外国人ボランティア役で出演しました。

ネパール語のエカタコギートを日本語で歌ったバージョンです。2015年10月28日から11月4日にかけての東北ツアーのドキュメンタリー動画を編集して作ったPVです。

心を一つに

~エカタコ ギート ガウンダイ~

 

ネパール語

上:ネパール語カタカナ発音
中:(ネパール語訳)
下:日本語詞

(※尺にあわせて歌えるようにつけた
日本語詞であり、直訳ではないです。)

 

एकताको गीत गाउँदै उठौं - उठौं उठौं

エカタコ ギトガウダイ ウト ウト ウト
(団結の歌を歌いながら 立ち上がろう)
こころを ひとつに  たち あがろう いま  


एकताको गीत गाउँदै उठौं - उठौं उठौं

エカタコ ギトガウダイ ウト ウト ウト
(団結の歌を歌いながら 立ち上がろう)
あたらしい あしたの  うたを うたおう いま

 

नेपालको पुनः निर्माणमा जुटौं हामी जुटौं 

ネパラコ プナ ニルマルマ ジュト ハミ ジュト
(ネパールの再建のために 我々は一つになろう)
ネパールは うまれかわるよ きっと もっと ずっと

 

लथालिंङ्ग भताभुङ्ग भयो हाम्रो देश

ラタリンガバタブンガ バヨ ハムロデス
(めちゃくちゃに壊れてしまった 我々の祖国)
きずつきこわれた  きみを だきしめ 

 

हातेमालो गरी सबले बनाऊँ राम्रो देश

ハテマロ ガリサブレ バナオ ラムロデス 
(皆で手を取り合って 作ろう 良き祖国を)
かならず とりもどすと むねにちかうよ

 

एकताको गीत गाउँदै उठौं - उठौं उठौं

エカタコ ギトガウダイ ウト ウト ウト
(団結の歌を歌いながら 立ち上がろう)
こころを ひとつに  たちあがろう いま

Music

間奏

 

पसिनाको धारा बगाऊँ पुछी सबले आँशु

パシナコ ダラバガオン プチ サブレ アス
(汗の滝を流そう(国の再建のために) 涙を拭き(ながら))
ながれた なみだの  かわを こえて ゆこう

 

सबै जुटे फर्किने छ ओंठमा छिट्टै हाँसो

サバイ ジュテ ファルキネチャ オトマ チタイ ハス
(皆の口元に笑顔が戻ってくるように)
えがおの はなさく       よるは あける すぐ

 

धेरै भोग्यौं बाढी पहिरो भूकम्पको धक्का

デレイバギョ バリパヒロ ブカンパコ ダッカ
(大洪水 地震に襲われたけれど)
せかいが   おわるような できごと だった

 

काँधमा काँध मिलाइ बढे बन्छ यो देश पक्का

カダマカダ ミライバデ バンチャ ヨデス パッカ
(皆で協力し合えば この国は必ず再建できる)
  おわらない わるいゆめを みてるようだった     
   


एकताको गीत गाउँदै उठौं - उठौं उठौं

エカタコ ギトガウダイ ウト ウト ウト
(団結の歌を歌いながら 立ち上がろう)
こころを ひとつに  たちあがろう いま



Music

間奏

 

 

एक अर्कालाई सहयोग गरौं दु:ख पर्छ जब

エカルカライ サハヨガロン ドゥッカパルチャ ジャバ
(困っている時こそ お互い助け合おう)
りょうてを さしのべて   たすけあう とき 

 

शोकलाई शक्ति बनाइ कम्मर कसौं अब

スカライ シャクティバナイ カンマル カソン アバ
(悲しみを乗り越えて 今こそ立ち上がる時だ)
よろこびの ちからと    わきあがる ゆうき

 

प्राकृतिको प्रकोपबाट सचेत बनौं सारा

プラクリティコ プラコプバタ サチット バノン サラ
(自然の現象から 皆教訓を学ぼう)
あたらしい ネパールに    うまれかわる から

 

देशको विकास गर्नु हाम्रो हो नि अभिभारा

デスコ ビカス ガルヌハムロ ホニ アビバラ
(この国を発展させるのは 我々一人ひとりにかかっているのだ)
おわらない あいとへいわを  とりもどすよ 
        

 

एकताको गीत गाउँदै उठौं - उठौं उठौं

エカタコ ギトガウダイ ウト ウト ウト
(団結の歌を歌いながら 立ち上がろう)
こころを ひとつに  たち あがろう いま  

 

 

 



皆んなで新しいネパールをつくろう!
というメッセージソングです。